2018年6月13日水曜日

[書評メモ] 教養としてのテクノロジー AI、仮想通貨、ブロックチェーン

教養としてのテクノロジー AI、仮想通貨、ブロックチェーン (NHK出版新書)

「経済」、「社会」、「日本」というカテゴリで「テクノロジーがそれぞれにどのように影響するか?しうるか?」というテーマで、"論じる"というよりも、できるだけ広い読者層に考えてもらうためにプレゼンするという問いかけ考えさせる。

最近あちこちで聞く「シリコンバレーのテックは?」「AIは人間にどう影響を与える?」「仮想通貨とは?」「ブロックチェーンは経済をどう変える?」「資本主義は限界にきてる?」「資本主義の次に来るものは?」「働くとは?」「働く意味とは?」というお約束どころのテーマは一通り舐めて、

・テクノロジーって経済にこう影響していくよね?そうすると人間ってこういう風に考えたりすることが大事だよね?
・社会にはこんな影響があってこういう風になっていくよね?そしたら人間の役割とか意味合いってこうなっていくんじゃないのかな?どうかな?

と言った感じ。そして「日本」というテーマで2020年の東京オリンピックに関する持論とか2020以降の社会に対してこういう備えや準備が必要なんじゃないか?と言ったところを警笛する。

以下、面白いと思った考え方いくつか。

「科学的に証明されている」というフレーズの危険性
・シンギュラリティは、技術開発により指数関数的な成長を遂げると信じる思想であり、「科学信奉」に近い。アカデミックで強い「仮説」が認められると、それを信じ、社会で単純に応用してしまうことがある。例えば「強化理論」はアメと鞭による学習効果の証明だったが、近年ではクリエイティブシンキングやパッションがより重要であると論じられている。

・「テクノロジーイズエブリシング」が資本主義的な「スケールイズエブリシング」の考え方に繋がり、本来は社会よよくするための「科学技術の発展」や「規模の拡大」が自己目的化して、軋轢や弊害をもたらす

現代人の働く意味や働くってなに?という考えに対する一つの捉え方
・戦後の日本はとにかく経済を立て直して生産性をあげるのだという考えのもと発展してきたが現代は、従来型の経済価値を重視するという資本主義に対して、「自分の生き方の価値を高めるためにどう働くのか?」ということを考える面白い時期である。

2018年6月6日水曜日

[書評メモ] Hit Refresh

Hit Refresh(ヒット リフレッシュ)

2014年からMicrosoft CEOになったサティア・ナデラの生い立ちからMicrosoftでのこれまで、そしてMicrosoftのCEOとしての彼の変革のビジョン、これから向かっていく先、その根底にある思想などを丁寧に詳細に綴っている。

僕は仕事での関わりから"MicrosoftがクラウドやAIの分野に力を入れている"というのは認識しているけれど、世の中的にはMicrosoftといえば、ビル・ゲイツ、Microsoftと言えばWindowsという認知ではないだろうか?

サティアは、WindowsというOSブランドを中心として囲い込むドミナント戦略から、顧客を中心として、Microsoftという企業ブランドから発信されるクラウドとモバイルのアプリケーションにシフトし、様々なハードやソフトウェアプラットフォーム上と融合して価値を提供していくオープン戦略への変革を熱く語る

自社のブランドや戦略に関する世の中のイメージをHit Refreshする一冊。

[詳細]

ここ数年シリコンバレーのテックでもGoogleのスンダー・ピチャイ、Adobeのシャンタヌ・ナラヤンなどインド出身のCEOに継投されることが多く、CEOという形で表に見えなくても特に技術責任者レイヤーのインド出身者率は高い。

本の前半はサティアの生い立ちが綴られているが、インドの工学系大学で学び、渡米してアメリカの大学院で学ぶという、いわゆるインドの優秀なエンジニアの本流の道?を歩んでおり、どのような家庭でどのような教育を受け、エンジニアとしてのキャリアを積んでいくのか?という観点で読むと面白い。

中盤から終盤にかけては、CEOとしてMicrosoftの歩むべき道や思想、ビジョンと言ったところが熱く語られている。サティアはかつてWindows OSで占領戦略を取っていたMicrosoftの中で亜流だったクラウド事業でキャリアを積み、CEOになる直前にはクラウド事業を率いていた。2000年代のMicrosoftの会社としての苦難とその間のApple、Google、Facebookと言った新興企業の台頭や世の中の変化をMicrosoftの中でも中心ではなく辺縁から客観的に捉えており、その観点でも変革への思いが強くあったのだろうと読み取れる。

最近のテック企業にも通づるが "顧客中心", "多様性", "企業として統合して価値提供"を強くメッセージングしており、また将来のテクノロジーとして"複合現実(MR)", "AI", "量子コンピュータ" という分野に強く力を入れていく、というところも社内へのメッセージングも含めて、サティアの考えを余すところなく伝えたいという意思を感じる。

2018年6月5日火曜日

[書評メモ] 「原因と結果」の経済学

「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法

相関関係と因果関係を"どのように"見分けるか?
計量経済学のお題を元に、ステップバイステップでその見分け方の
初歩の初歩を丁寧に説明する。データ分析の基本中の基本なので復習に良い。

- 因果関係を読み解く5ステップ
1. 原因は何か?
2. 結果は何か?
3. 3つのチェックポイント
 3-1. 全くの偶然ではないか?
 3-2. 交絡因子(原因結果両方に影響する因子)はないか?
   3-3. 因果が逆ではないか?
4. 反事実を作る
5. 比較可能になるように調整する

- 反事実を用いた実験方法
1. メタアナリシス  :複数のランダム化実験
2. ランダム化実験  :ランダムに介入群と対称群に割付て因果関係を評価
3. 自然実験     :自然にある「実験のような状況」を利用して評価
4. 回帰分析     

- 境界線デザインは境界線を境に何かが非連続的に影響する場合はデザインの仮定を崩す

2015年9月16日水曜日

留学後の英語トレーニング

さて、早くに目が覚めたので朝の日課と言わんばかりにブログ投稿です。(うそ)

昨日のエントリで留学後のTOEIC受験のことを書いたので、帰国後1年間にどのように英語に触れてきたかを書いておきたいと思います。

まず仕事で触れる機会は皆無です。1回数日アメリカ出張行って、4-5回ミーティングで使ったかな、という程度です。もうバカかと、アフォかと(昔2chで流行った吉野家のあれです、、懐かしい、、、)

ということでプライベートでいかに英語に触れる機会を作るか、これは帰国当初から危機感があり、やり続けないと確実にNaturally unlearnだ、と。

では、具体的にListeningとSpeakingパート、ReadingとWritingパートに分けてやっていることをあげます。

ListeningとSpeaking

  • Rarejob (オンライン英会話)
  • The Morning America's First News with Gordon Deal (Podcast)
  • Shark Tank (Youtube)
Rarejobは毎日25分朝か夜に。利用方法としては、あまり記事読みとかお勉強モードにすると続かないので、何かトピックを決めてもしくは決めずにTutorを相手にしてとにかく喋り続けるというやり方です。

Rarejobは講師の質がとても大切なので、とにかく自分の耳を信じて、自分が聞いてテンポやアクセント、イントネーション、プロナウンシエーション(ぷろなうんしえーしょん、、、て書きにく、、、)などがNativeに近いと感じる子達をお気に入りに揃え、会話のテンポが悪い子は二度目のコールはありません、ボトルも入れません。(なんやそら)

Podcastはニュースとして聞いていますが、チャリ通勤の行き帰りとか料理作りながらリスニング、シャドーイング、なんか口周りの筋肉が弱ってる気がすると感じたらシャドーイングという感じです。

Shark TankはアメリカのABCが提供しているリアリティショーでアメリカ版「マネーの虎」です。概要は、起業家が投資家達の前でビジネスプレゼンをして、投資を勝ち取れるかどうかの交渉のプロセスをエンターテイメントに仕立てています。アメリカでも非常に人気があり今はSeason 6まで終わって、もうすぐSeason7が始まるのかな?詳しくはググってあるいはユーチュブってください。

この番組は個人的にはビジネス英語のListening, Speakingトレーニングに非常に有効だと考えていて、見れば見る程気づきがあり、これからも見続けていくと思います。
ドラマでリスニング!と考えていくつか見たのですが、私にはあまり良いと感じません。まあ向き不向き、好き嫌いもあるので(好きなアメリカンドラマもあるのでそれはまたの機会に紹介します。)

ただドラマは、
  • 基本ブロークンでスラングが多く
  • コンテキストがわからないと意味がとれなかったり、アナロジーが多かったり
  • セリフもなんかつぶやいたり、叫んだり、意図的に意味を曖昧にしたり
  • 別に日常会話のネイティブな言い回しとかそもそも必要ないし、興味もない
などなど、ビジネス英語トレーニングとして個人的にはあまりすすめません。それが裏返すとお膳立てされたリアリティショーが良い理由にもなります。「ナチュラルでクリアでコンテキストが共有されていない状況で話される教養のある英語」これを繰り返し聞き、真似して唱えることが非常に重要だと考えるためです。

私がShark Tankが英語のListening, Speakingトレーニングに良いと思う具体的な理由としては下記などです。
  • 英語がナチュラルなアメリカ英語が多く、非常にクリアで聞き取りやすい。
  • 起業家がプレゼンし、投資家が質問しディスカッションするというパターンが決まっていてキャッチボールが予測でき、内容と英語に集中できる。
  • 英語で意見を述べるパターン(結論→理由→例)がたくさん出てくる(プレゼンもそうだし、起業家と投資家との議論もとにかくこのパターンです。)
  • ビジネス、事業、投資、経済、財務といったことに関連する単語が頻出するので効率良く必要単語に何度も触れられて単語が定着する。
  • 上にも関係しますが、投資家側はビジネスという意味での教養が非常に高く、英語自体もとてもSophisticatedで重要な言い回しや慣用句などが頻出する。
  • そして最高におもしろい
とこんなところでしょうか。非常によくできています。これぞアメリカンエンターテインメントです。「マネーの虎」のように"ひばりプロダクションの社長"とかあんな貧相な小ヤンキーは出てきません。投資家サイドは、アメリカンドリームを勝ち取った実業家達です、ですが、高圧的ではなく、いや、敢えての高圧的なキャラもいるんですが、、、非常にビジネスの本質的な部分が議論されていて、、、、ああ話がそれていきそう。。。なのでまた別の機会に話すとして、英語というの観点に戻すと

少し違った観点としては、出演者は投資家側は固定されているものの、起業家側は各エピソードに4組で、中国系やインド系などのアジアン、アフリカンアメリカン、ヨーロピアン、サウスアメリカン、もちろん北アメリカ系も、と、幅広い英語が話されるというのも良い点だと思います。きつい中国訛りやインド訛りの起業家達の英語も聞くことができます。

Reading とWriting
特に何もしていない。(意識しては、という意味ですが)

Readingは、ま、ちょくちょく必要に応じてPaperを読んだり、FacebookやLinkedinで流れてるニュースを読んだりしていますが、Writingはかなり落ちてる気がします。まあ、そのうち英語を仕事で使うことになったらそっからトレーニングすればいいか、と。特に急いでする気もありません。


いくつかIrregularにやっていたこともあるのでそれはまた次思いついた時に書きますが、ルーティーンとしては上記が帰国後1年間にやってきたトレーニングメニューですね。というか半分Shark Tankの番宣みたいな投稿になりましたね、さすが本ブログ、主旨が流れます。

今日は英語トレーニングしたな、、という日のメニューとしては、例えば

朝起きて、朝飯作りながらPodcastを聞き、Rarejobをやって、チャリ通勤中にまたPodcastを聞き、昼間にネイティブと1時間ディスカッションして、終わって家帰ってきたらSharkTank見聞きしながら料理を作り、晩飯を食いながら残りのShark Tankを見て、気がむいたらシャドーイング、気が向けばさらに夜に30分Rarejobをやる。

とこんな感じでしょうか。もちろん毎日こんなにできないし、他のこと出来ないのでここまでやらないですが、Maxでこんな日がある。といったところです。

次回は、"ただ"でネイティブとディスカッションする、しかもこのGabaが1時間数千円というご時世に(値段よくしらんが)相手からやらしてほしいとリクエストが来るという方法を特別公開したいと思います!

2015年9月15日火曜日

留学後1年経ってTOEIC受験

留学後にまさかのTOEICについての投稿です。

コチラでも書きましたが私の英語は留学中もひどかったわけですが、自分の中では留学終わるかな?くらいでようやくしっくり来始めます。

なんというか余裕が出てくるというかまあMBAの自信とか、慣れてきて細かいことが気にならなくなったとか、気にするのも面倒くさくなったというか、アメリカ来てさすがに2年経っちゃったしとか、毎日学校行ってるわけではない嫁の前でさすがにしゃべれねーとちょっとださいとか、嫁の友達たちの前でいいカッコしたいからとりあえず機会があれば出しゃばるとか、まあいろいろなあんなことやこんなことが影響したのだと思います。(ああ、くだらない)

で、帰国後も1年経とうかという6月末に久しぶりにTOEICを受けよう、と。

さすがに何もしないというのは、コソ勉やろうとしては看過できないということで(ビビっていたので)基本は公式問題集です。これが最後のTOEICの参考書じゃ!という気概で。

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

1セット目のリスニングをちょこちょこと1-2週間前にやり、リーディングを2日前にやり
受けてきました。

結果:
945 (L:495 R:450)

うーん、微妙やな、と。まあ満点とはいかないまでも980くらいはあるんじゃないかと思ってたんですが、やはり天性の雑さというか、粗さというか、Mr.ケアレスミスっぷりが。

実際テストを受けてみた感想ですが、まあリスニングはいいとしてリーディングはもうとりあえず「時間だろ〜?時間が足りなくなるって思ってんだろ〜?留学帰りはにはそんなもんは効かん!!」と飛ばしに飛ばして8分くらい余らせました。

そしたらもうやったった感に浸って見直す気がしない。軽く見直してもあってるような気がスル、留学帰りはこんなもん初見で完答やんけ!ということで余裕ぶっこいて見事にいまひとつだったということです。

しかし、コチラに書いたとおり、2009年秋から6年間も英語に触れ続けているわけですが、まだテスト一つ卒業できんのか、と。甘ちゃんやな、と、秋の夜長につくづく思います。

二度と受けるか!

2015年9月7日月曜日

MOOCsとは?私のMOOCs活用法

先日のポストでMOOCsを使ったプログラミングやiOSアプリ開発の学習をおすすめしましたが、実際にコースの紹介に入る前に、そもそもMOOCsってなによ?どう利用してるの?というのを私の体験から紹介したいと思います。

ちなみにMOOCsというタームは、Massive Open Online Coursesの略称なのですが、私も何度調べてもあれなんの略やっけ?と調べなおすほどピンとこない。。。こんな略称つけたやつはクソ野郎ですね。とくだらないディスりは置いておいて。

MOOCSについての概要や詳細、各サービスの比較などはこちらの記事をどうぞ。

私がコースを受けた(途中でやめたのも多数)ことのあるのは下記3つです。
上で紹介したこちらの記事に詳しく説明されていて、ググればいろいろ情報は出てくるので細かな説明は省きますが、上の3つの私なりの解釈はこんな感じです。

CourseraとedXは西海岸(Stanfordベース)東海岸(Harvard, MITベース)という違いはあれどどちらも世界各国の大学と提携して、大学教育のコンテンツのアグリゲーターという感じでオンラインで高等教育の代わりを目指しています。対してUDACITYは元Googleのエンジニアが作ったプログラミングや数学、統計あたりに特化した実践的トレーニングのコンテンツが集まっています、企業が協賛してるんですね。大学機関と研修センターのような違いでしょうか。

CouseraとedXは大学機関を標榜していて(と勝手に思ってる)お金を払うと修了証明書のようなのがもらえます。まあそうですよね。UDACITYは完全freeでどうやってマネタイズするのかと思ってましたが最近になってNanodegreeというなんちゃって学位の発行を始めたようです。なにやらNanodegreeじゃないと受講できないコンテンツがあったり、freemiumモデルですね。

それはさておき、使い方の話ですが、

私は、何か学習したい内容があってComputerScience関連であればまずUDACITY、関係なければCourseraで調べて、なければedXを探すといった使い方をしています。

ただやはりコンテンツが命なのでサービスで選ぶというよりも、例えばMachine Learningの分野でいうと、StanfordのProf. Andrew Ngが有名で彼はそもそもCourseraのCo-FounderだったりするのでCourseraが充実していたり、また、例えばBehavioral EconomicsであればCanadaのTronto Universityが有名でedXはTronto Universityと連携しているので受講してみたいコースがあったり、そういう観点でコンテンツで探すのがよいと思います。

私は、上の3つしか経験していませんが、分野やProfessorも含めて、コンテンツベースで、どのサービスが良いか探してみるのが良いと思います。あなたの興味にぴったりの掘り出し物のコンテンツが見つかるかもしれません。(なんやうさんくさいな。。。)

ということで次回こそはUDACITYのプログラミングコースの紹介をしたいと思います。

オンラインでプログラミングを学ぶ

コチラでiOSアプリ開発やSwiftの入門書籍を紹介しましたが、それでも本を片手に学ぶというのは、プログラミングや開発の知識がないとまだまだ敷居が高いような気がしています。本で学ぶというのは一つの方法ですが、今は、動画を見たり、音声を聞いたり、またオンラインの学習サイトで自分の習熟度合いをチェックしながら学習を進めていくといった方法もあります。

 つい先日読んだいま、教育が「ナップスター化」しているというWIREDの記事でも述べられていますが、「何か学ぶ、新しいことを学ぶ」と思った時の選択肢はめちゃくちゃ増えたなとつくづく感じます。

ざっくりと思いつくところで振り返ってみると
  • インターネット常時高速接続が当たり前になり、光回線がフツーになる
  • Youtubeという動画サイトが現れ(2005)、2006年末にGoogleに買収されて普及
  • AppleがiPhoneをリリース(2007)して、モバイル端末の普及とクオリティが向上していく
  • iTunesによりデジタル音楽(mp3)の普及が一気に進む(2006)
  • AmazonがKindleをリリースして書籍の電子化が進む(2007)
なんか2006,2007年頃が結構転換期というか重要なタイミングだったような気がしますね。他にもいろいろありそう。

その裏ではもちろんもろもろハードウェアはムーアの法則でどんどん低価格高機能化し、クラウドやビッグデータといったバズワードも生まれて、とにかくコンテンツへのアクセスのスピードとアクセスできるボリュームがどんどん向上していきました。

私が留学しようと思った2009, 10年ごろは、iKnowという英単語学習サービスを使ったり、Rarejobというオンライン英会話を使ったり、TEDで英語のプレゼンを見たり聞いたり、Kahn Academyというサービスが登場したり、といったところで確実に教育もテクノロジーの影響を受け始めている、といったタイミングだったような気がします。

上記のWIREDの記事内でも紹介されていますが、ここ数年は、Coursera, Udacity, edXといったMOOCsという分野が注目され教育もコンテンツビジネスになりつつあり、またSNSの普及も伴って、P2Pの教育やコーチングなど、教育のパーソナライズ化も進みつつあります。

日本では、リクルートの受験サプリを始めとしたサプリシリーズが2014年に大ヒットし、いまもXXサプリシリーズが、注目を集めていますね。

AIやデータアナリティクス、ロボティクスといったテクノロジーがもう一歩進めば、自分専用の人工知能があらゆることをコーチングしてくれたり、さらにもう二三歩進めば機械との一体化ということになるのだと思います。

と話しが大分それてしまい、タイトルとも大分関係なくなってしまいましたが、何が言いたかったかというと特にプログラミングはオンライン学習(なんかオンライン学習と言ったとたんチープに聞こえてしまう)との親和性が高いので、是非利用していただきたいということです。(むしろこのメッセージがチープ、、、)

その中でもプログラミングを学ぶのであれば、Udacityがおすすめです。次回は、具体的なおすすめコースを紹介します。