2012年6月11日月曜日

MBA事前学習(統計学)

これまでQuantitativeな分析や評価という業務を外因的にも内因的にも経験してこず、

「とりあえずGMAT対策として分散だの標準偏差だの計算できるようにしただけ」

意味を問われれば、

「なんかデータが分散してるんでしょ?その指標みたいなのよね?偏差ってのは要は差だよね、差、え?ちょっと違うの?」

というまあ当たらずも遠からず、ただしこれ以上でも以下でもないというレベルの私にとって、
プログラム開始前に基本に立ち戻って再学習しておく必要があるなと思ってました。

Amazonのリストをあさったり、Webあさったりした結果、これ。



Amazonから届いて箱開けて、いやぁ、なんか見たことあるなぁと思ってたら
大学2回生の時の「統計学」の教科書でした。

必須科目にも関わらず、水曜日1コマ目9時からの授業で類稀に見るつまらなさと眠さでした。
毎期出席が足りず落とし続け、結局留年2年目でいまさらな感じでとったのを思い出しました。
ああ、懐かしい。まあ、もちろんなーんにも勉強してませんね、最低です。ごめんなさい。

まさか10年以上の歳月を経て、再び手にするとは・・・因縁か。

「分かりやすいです、ただし、つまんないです。」

ま、基本ってそんなもんよね。

標準偏差、正規分布、相関分析、回帰分析は、
授業で使いまくるはずで(勝手な想定)、結局Excelに計算させるものの
原理は知っておいて損はないと思います。

※共分散、ポートフォリオは、入門の対象外のようです。


ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします!↓


0 件のコメント:

コメントを投稿