2012年6月7日木曜日

渡米準備(VISA取得)

「事前作業」、「当日持ち物」、「当日の動き」の3つをレポートします。(2012年6月現在)

VISA手続きに関しては、料金も含め頻繁に更新されるようなので
アメリカ大使館のサイトをご確認の上自己責任でお願いします。

私自身、某MBAプログラムのサイトだったり、フルブライトのサイトだったり、まあこれらに限らず、同じく申請している友達に聞いたり、代行サービスに聞いてみたりと、いろいろと情報を集めましたが、
  • 事前にやっておく必要があること。
  • 当日持っていく必要のあるドキュメント。
  • 当日大使館に到着してから手続きの動き。
って情報が一元化されているサイトが見つからず、非常に煩雑だったのでまとめてみました。

▽事前作業
※1,2はVISAうんぬんの前に既に取得していた。
※3→11の順でVISA取得のために私がやった時系列。(この限りではない)
※1~3,8,11は家族全員分。
  1. 財政証明書(I-20取得時に学校に提出したのと同じ)
  2. 成績証明書(受験時に学校に提出したのと同じ)
  3. I-20のとりよせ
  4. VISA料金の支払い($160/人)
  5. D-160の記入及び提出
    https://ceac.state.gov/genniv/default.aspx
  6. 面接予約
    http://portal.ustraveldocs.com/
  7. SEVIS料金支払い($200)
    https://www.fmjfee.com/i901fee/index.jsp
  8. 5cm×5cmの証明写真の取得
    iPhoneでとってビックカメラでプリントアウト  
  9. 戸籍抄本取り寄せ(妻との結婚証明のため)
  10. 戸籍抄本の英訳
    参照URL:http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/3712/cf3.html
  11. 5の最終ページを印刷して、4の領主書と8を貼付

▽当日持ち物
※1~3は家族全員分。
※Expackはいらない(3/23よりいらなくなったみたい)
  1. パスポート
  2. I-20
  3. D-160の最終ページ(写真とVISA料金の領収書を貼付)
  4. SEVIS支払い領収書
  5. 面接予約確認書
  6. 戸籍抄本の英訳版
  7. 成績証明書
  8. 財政証明書
▽当日の動き
9:30に面接予約して9:00に大使館に到着。
  1. セキュリティチェック通過(ここが一番時間がかかる)
    ※妊婦の方や小さい子供がいる場合は、
     セキュリティ受付に申し出て長蛇の列をショートカット
  2. 大使館受付でパスポート、面接予約書、予約時間を確認して受付番号取得
  3. 書類申請窓口に書類を提出
    →受付番号が呼ばれるまで待機
  4. カウンターで指紋採取
    →再び面接まで待機
  5. カウンターで面接というか確認作業
    面接官:「カリフォルニアで何勉強するの?」
    私:「MBA」
    面接官:「で、最初に英語勉強するのね?」
    私:「そっそ」
    以上、終了。あまりのあっけなさに拍子抜けしました。


ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします!↓



0 件のコメント:

コメントを投稿