2012年8月5日日曜日

賃貸物件探しと車選び

さて放ったらかしでしたが少し時間が出来た(実は体調崩して花の週末に家で回復中)ので
忘れないうちに諸々アップデートしようと思います。


■住居
渡米前は、San Diego地元のパーソン不動産のコーディネーターと連絡を取り合ってアメリカの不動産事情や留意すべき点を含めオススメ物件情報を収集しつつ、Apartments.comRent.comApartmentrating.comなどで物件に目星をつけていった。

渡米後に一番優先した取り組む作業として、2日間かけて、5件物件をまわり、日本にいる家族と議論して決定しました。
  • 高い安全性
    駐車場にゲートロックがあり、建物自体にも第三者が簡単に入れないような仕組みになっているか。
  • 環境、周辺の利便性
    緑が多いこと、徒歩圏内に幼児を遊ばせる公園やちょっとした買い物ができるモールがあること、学生より家族連れが多く静かであること。
  • 間取り(広さ)
    2bedroomであること。寝室以外に勉強部屋があること
悩みましたが、この3点を満たしていることが大きかったです。
実は決めた物件は、一番最初に見学しに行って「いいなぁ!」と思った物件でした。やはり第一印象というのは大きいんですね。

■車
San Diegoには日本人オーナーが経営する中古車ディーラーが2つあります。こちらも渡米前から連絡を取り合い、目星の車をつけておき、渡米後住居選びと並行して進めました。

最終的には、値段に対する車体価格の価値の高さ(価格の安さももちろんありますがリセールバリューも含めて)で決定しました。

Kelly Blue Bookでアメリカの中古車市場での車の相場が調べられるのでその価格より下であること、というのは一つの判断ポイントになると思います。

私が購入したディーラーでは、契約時に

Kelly Blue Bookの評価価値と比較した上で、CarFaxという中古車の過去の事故やオーナー数などの情報の証明書を一緒に添付してくれました。

2年間の間に事故があるかもわかりませんし、ひょっとしたら買い換える可能性もないことはないと思いますが、2年後にどれくらいの価格で買い取られるかを考えて購入することをオススメします。


ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします!↓



0 件のコメント:

コメントを投稿