2015年8月31日月曜日

MBA受験(インタビュー対策)


楽勝でしょ!とかましていて実際に取り組んでみるとかなり苦労したセクション。
カウンセラーに「率直に言ってね♪(Please be straightforward)」って頼んだら

  • 目を見つめながら「話がつまんないのよ」とディスられ
  • 私が答えている間に、PCで別の作業をしだして、答え終わって「終わったんだけど」って言ったら「そんなこと聞いてないわ」とキれられ
  • 「準備不足で満足な回答できないから次のセッションで」と言ったら、「今アドリブで話せなきゃダメ」と正論で切り返され、しどろもどろで答えると 「あなたの言ってることは何もわからない」と軽く蔑まれ

という何かのプレイなのか?というMock Interviewを数回やり、最終的には満足行く状態に持っていけました。

※その方の名誉のためにフォローすると、効率的な進め方で指摘は的を得ていて能力も高く、思いも熱く、素晴らしいカウンセラーでもう一度やるとしてもその人を選びます。
Thank you Christina !

私は人とコミュニケーションするのはどちらかと言うと得意な方で、
表情や態度、ボディランゲージなどのNon-verbalな部分はほとんど問題ありませんでしたが、
問題はVerbalな部分、特にストーリーを話すトピックの回答内容でした。

基本的にインタビューは、「内容準備して、練習する」だけだと思いますが、
それぞれのパートでやったことを深堀りしてみたいと思います。

○内容準備

大きく3つに分類できるかと思います。

1.考え詳述系
  • Walk me through your resume.(Tell me about yourself)
  • Short term goal & Long term goal
  • Why MBA?
  • Why the school? 
これは、EssayやResumeに書いた内容をブラッシュアップして1~3分くらいで話せるコンテンツを作って練習すればOKだと思います。私も特に苦労しませんでした。

2.経験描写系
  • Leadership Experience
  • Teamwork Style Experience
  • Failure Experience
  • Most Accomplishment
このストーリーテリングにかなり苦労しました。Essayの最終系をベースにコンテンツを作っていきましたが、「とりあえずやったことをアピールしていく」という勘違いもあり、「ああした、こうした」とアクションを時系列に説明していく調子でかなりつまらないお話になっていました。

まあ当たり前なんですが、インタビュアーが頭に情景浮かべられるような「アクションに対する周囲の反応」や「その反応に対する自分の思い」といった光景を演出する具体的な表現をコンテンツに含むことが出来ておらず、カウンセラーに「BOARING!!!」を連発され、原因がストーリングテリングではなく、内容そのものにあると思い込んでネタを変えては同じ過ちを繰り返しという感じでスタックしていました。

3.考え述べて経験で裏付け&肉付け系

  • Contribution.
  • Strength and Weakness
・参考
質問内容は、予備校にももらいましたが

Accepted.comでも手に入ります。

Zoom InterviewsというMBA受験対策サイト(他にもやってるようですが)でVideoを購入して、質問内容や回答内容を研究しました。

Vince Admissionは元AGOSカウンセラーが独立して個人でやっているMr. VinceのWebサイトですが、Tipsやインタビュー動画といったコンテンツも充実していてこちらもよく利用していました。


○練習
Rare JobのTutorと日々練習して、週に一度カウンセラーに挑むというペースでやっていました。
  1. 初対面のRare Job Tutorを選んでただただ質問と答えを話す。
    コンテンツに対して有効なレビューはもらえないけど一人で話すより聞いてる人いた方が緊張感あって良いし、発音とか英語とかのレビューもらえればラッキーというレベルで。
  2. 自分のことを良く知っていて能力も高いRare Job Tutorと。
    何人か非常に能力の高い(=カウンセラーに近いレベルでダメ出しをもらえる)Tutorが何人かいたのでコンテンツのダメ出しをもらって、回答してというのをやってました。
  3. ネイティブカウンセラーとMock Interview
    メインのカウンセラー(女性)以外にも2名(男性と女性)と合計6回ほどやりました。
    メインのカウンセラーにかなり鍛え上げられてから別のネイティブとの練習をしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿